MikesPhotosによるPixabayからの画像

 

3月31日

 

いよいよ息子が明日、生まれ育った家から旅立ってゆく。

時々は帰省することはあっても

もうこの家で暮らすことはないであろう。

息子は息子で寂しさもありいろいろな思いもあるだろう。

「月に1回くらいは帰ってくると思うよ〜」

なんて言っているが

多分、そのうちに正月に帰ってくるか来ないかになるんだろうな〜

 

4月1日には平成の次の元号が発表されるとか・・・

私の住まいはまさしく平成の思い出が詰まっていて。

このタイミングだからなんだろう。

なんとなく平成でなくなるのが寂しい。

まだここにとどまっていて欲しいのは

変化についていく自信がないからなのか?

でも未来のある若者たちのことを

そっと背中を押して見守ってあげなくちゃいけないね。

 

まあそんなこんなで・・・

本来なら息子のお別れ会などをやりたいところなのだが

あいにく今日はパートの日。

夕飯はどうしようかと相談していたら

旦那が息子と二人で私の勤務先に食事に行くと言い出した。

息子もそれがいい〜とノリノリで・・・

それならそれでもいいかな〜と思った私。

ちょっと緊張するけど(笑)

最後の日はこんな感じで終わるようだ。

 

 

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村


 

昨日のできごと。

 

事故の相手方の保険屋さんから

午前中に連絡があり

修理など取引している業者さんと進めてくださいとのこと。

費用等についてはすべて業者さんと打ち合わせの上

対処してくれるとのことでお任せしておけばいいようだ。

モヤモヤしていたがホッとして気分が良くなり

息子と新生活で必要なものを買いに行こうと誘ってみた。

 

息子も部活の同級生や後輩にボーリングとカラオケに誘われていたのだが

それを断ってくれたそうで・・・

私も嬉しくなり映画を見て〜お茶をして〜夕飯を食べて〜なんて計画。

旦那も仕事が午前中で切り上げられそうということで

3人で出かけることになった。

もしかしたらもうこんなことはないのかもしれない。

今日は楽しもうとウキウキとした気分の私。

最初は息子の私服を選んでいたのだが

そのうちに旦那がどこかにふら〜っといなくなった。

まあ、いつものことなので気にしないでいたのだが

どうやら映画館で上映映画と時間を調べていたらしい。

旦那は「グリーンブック」が見たいといっていたが

そこへ息子が

「おそ松さんもいいんじゃね?」

と入ってきた。

すると旦那が

「なんだよ〜お前も見るのかよ。

お前は友達と遊びにいけよ」

なんて言い出す。加えて

「別にお前と映画を見に来たんじゃない」

とその言葉を聞いた息子がキレて

「わかったわ〜そうするわ」

と言い出す。

 

ちょっと待ってよ・・・

別に旦那なんかと映画を見に来たわけじゃないんだけど・・・

もうわけが分からず間に立つ。

息子に

「映画を見なくてもいいしとりあえずお茶しようか」

と言うと

「なんだよ〜俺は映画を見るって言うから来たんだ」

と旦那が入ってくる。

「いいよ、大丈夫だよ。

みんなのところに行くから〜二人で映画を見てきなよ」

と息子。

結局、息子はそこからバスに乗って

友人たちが集まっているところに行ってしまった。

 

そのあとは、夕飯だけでも食べに行こうと

息子に何度連絡しても電話に出ない。

Lineを送っても既読にならず。

もう・・・どうしてこうなるのか。

旦那とも、

せめて友達のところまで

息子を送ってあげればよかったのにと言い合いになって・・・

結局、映画を見る気も失せてしまい

スーパーで惣菜を買って帰ってきた。

 

自分勝手な父親だと憤る息子と

いつまでも親にベタベタするなんてあいつはマザコンだと言う旦那。

性格が真逆なので相容れない者同士だから

どちらも意固地になってしまってすぐに対立する。

でもね〜

私は楽しくしたかった。

最後かも知れないのに・・・もうこんなこと二度とないかもしれないのに。

私たちから離れてバス停に向かう息子の後ろ姿を見ながら

悲しくて悲しくて・・・胸が痛かった。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 


 

今日は、一日息子の荷物整理に付き合った。

参考書や問題集など捨てるものをまとめたり

衣類等も仕分けをする。

ここ1週間くらい様子を見ていたが

一向に進まなくてものすごい状態で放置しているものだから

ちょっとイラっとした私が

「朝からグダグダしているんだから

荷物の整理をしなさ〜〜〜い!!」

と怒鳴った。

息子は

「なんだよ〜受験が終わるまではあんなに優しかったのに

最近めちゃくちゃ怖くなった」

とか言ってブツブツ。

いやいや、気を遣っていただけだから〜

そう言いながら一緒に手伝ったりして、甘いなぁ私も。

 

最近、息子はよく喋る。

暇さえあればしゃべっている。

なんだろう・・・

去年の今頃は学校から帰るとすぐ部屋に入って

リビングにはあまり出てこなかった。

まあ高校生になっていわゆる尖った感じはなくなったのだが

それでも話すとすぐ喧嘩になって

私自身も息子と話すことが億劫になっていた時もある。

ただ、ここ最近は息子と話すのがもう楽しくて〜

ほとんどふざけたことばかりなのだが

たまに真面目なことや将来のこと

政治的なことに関しての自分の考えとか

そんなことも語ってくれる。

本人もあと少しだと思うから?

そうだね・・・あと少しだ。

片付いた息子の部屋を眺めながら

少しだけ感傷に浸る。

息子が出て行ったら旦那がその部屋を使うと言う。

なるべく早く旦那のものを運び込もう。

息子がいなくなったあとで

がら〜んとした部屋を見るのは辛いから。

 

今日はパートの日

パートから帰ると息子が出迎えてくれて

二人で夜中のおやつタイム(太るんだな〜)

そのひと時を楽しみに

今日も仕事を頑張ろう!!

 

それでは行ってきます。

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村


 

入学式用のスーツのお直しも出来上がり

新生活の準備も少しづつ進んでいるが・・・

パソコンは自分で選ぶとのことでまだ買ってはいない。

いろいろ調べているようで

ハイスペックのものでできるだけ安いもの〜と言いながら探している。

私だったら面倒なので生協で買っちゃうんだけど・・・

 

まあね〜親に財力がないから

少しでもお金を浮かせて自分のお小遣いを増やしたいのはわかるのだが・・・

 

自動車学校の案内が各所から送られてきて

費用もかかるので積極的には勧めてはいなかったのだが

それでもな〜と思い

「むこうで自動車学校に通う?」

なんて聞いてみたのだが

「通う?って言われても授業が始まってみないとわからないしね〜」

「35万円なんてもったいない。

オフシーズンの合宿免許なんて20万円くらいだよ!!」

とか言っていて・・・

本人が言うには

1〜2年でできるだけ単位は取っておいて

3年の10月あたりだとか

4年で就活成功したら早いうちから資格や免許取ったりできるし〜

なんてどこで調べたのか自分に都合よく解釈して計画しているようだが・・・

 

確かに大学の授業の状況もわからないうちから

ごちゃごちゃ言っても仕方がない。

教科書などを購入するお金を

生協で購入するものの支払いにも利用できる

プリペイドカードにチャージしておかなくてはいけないのだが

それを食堂パス付きのものにして

自動車学校に〜と思っていたお金を

その中にチャージしておくことにした。

これで一日一食くらいはちゃんとしたものが食べられるし

普通に注文するよりもいくらかお得なんだとか。

なんて私もそんなことを子供の前でペラペラ話すから

余計にお金に細かくなってしまったのかもしれない。

例えばアイドルグループのイベントに出かけたり

スマホゲームなどに熱中して課金したり

周りの同世代の子達のそういう話をよく聞いた。

息子の場合はそういったことに興味は一切なくて・・・

いや、あったとしてもお金を払ってまで〜というところなんだろう。

直接文句を言われたこともねだられたこともないのだが。

そんなに簡単にお金を使える家庭じゃないということはわかっていたのかな。

 

でも、今では倉庫の中で旦那のゴルフバックとともに

ほこりをかぶっている弓道の道具は

快く買ってあげたんだよ〜〜。

本人は高校時代、弓道部だったことは記憶にないと言っているが・・・

この先もあの道具は日の目を見ることはないだろう。

まあそんなこんなで

4月1日に入寮することが正式に決まった息子。

そう・・・あと10日だけだ。

 

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 


Pixabayのmohamed_hassanによる画像です

 

今日は、高校の卒業式。

それにしても進学先が決待っていない状態での卒業式は

親としては、何の感慨もなく・・・

例えば幼稚園の卒園式の時は

落ち着きのなかった子供たちが

立派に返事をしてみんなの話をきちんと聞いて・・・

その姿に涙した。(号泣していたな〜)

小学校の時も大きくなったな〜なんて涙ぐんだりして。

中学の時は、みんなそれぞれに別れて行くんだと

女子生徒が泣くのを見てもらい泣き。

ただ今回の式では何の感慨もなくただただ疲れただけ。

 

父兄も国立の発表前だからか

なんとなく戦々恐々としていた。

同じ中学出身の友達とお母さんと校門の前でばったり。

そのまま会場内へ入った。

息子たちはそれぞれのクラスの席へ・・・

そして親は後ろの自由席。

そのまま一緒に席に着いたのがマズかった。

近くにいたのはバスケ部仲間の集団。

もちろん彼女もその一員。

団体競技の部活に入っていると

父兄会などが強くて行事やイベントもなかなか多いらしい。

これまたそこの部員のママさんたちは皆教育熱心で・・・

私が最も苦手とするタイプ。

早速、進学先について会話が飛び交う。

リーダー格はお医者さんのお宅のママさん。

もちろん、医大受験で成績優秀。

確かPTAの代表もやってたような・・・

(あまり学校に行かなかったので曖昧だが)

そのリーダーママさんが前の席のママさんに

「○○医大の合格おめでとうございます」

なんて話している。

どうやらそこの子は推薦で地元の国立医大に合格したらしい。

その後、ほかのママたちと受験の情報を話していたとき

誰かのお母さんがウチの息子の話をした。

「greyさんのところは、がんばったね〜」

なんて突然言われちょっとびっくりしたのだが・・・

今まで息子や私の存在なんて知らなかったであろうリーダーママさん。

私を一瞥して〜そうなんだ〜

その後

「そうかそうか・・・文系だもんね。

知らないわけだ〜〜〜」

なんて言って笑っていた。

まあね〜どうせ文系ですから・・・

ホント・・・ただただ疲れるだけの式。

式のあとは担任の挨拶を聞くためにクラスごとに移動する。

そこでやっとその集団から解放された。

 

クラスでは、担任の先生の挨拶と

生徒たちが一人一人話をしていて・・・

文系クラスのためか女の子のほうが少し多い。

そんな中で息子とその仲間たちは

それぞれに場を盛り上げていていい雰囲気のクラスだな〜と思った。

息子が本当に楽しんでいた高校生活。

今日でもう卒業だ。

私は、ただ疲れただけだったが

息子にとっては大事な大事な思い出となる卒業式だったのかもしれない。

 

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村



Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

スポンサーリンク

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 結局、ひとり
    grey
  • 結局、ひとり
    かなかん
  • 疲れすぎて勤務中に涙が出てきた
    grey
  • 疲れすぎて勤務中に涙が出てきた
    ぴんぐ〜
  • 子供の笑い声が聞こえたんだけど・・・
    grey
  • 子供の笑い声が聞こえたんだけど・・・
    ぜんだま
  • 優柔不断
    grey
  • 優柔不断
    aloha_lani
  • 旦那がたおれた
    grey
  • 旦那がたおれた
    ぜんだま

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM