今日、市外の街に出かける用事があった。

ちょうどお昼どきだったこともあり、その近くで勤めている妹とランチをしようと待ち合わせをした。

待ち合わせの場所で待っていると、視覚障害があると思われる白い杖を持った老婦人が声をかけてきた。

「ごめんなさい、ちょっと教えて欲しいんだけどいいかしら?」

もしかしたら道を聞きたいのかしらんなんて思った私。

待ち合わせの時間よりも少し早かったのでデパートの入口(近くにある)くらいなら案内する覚悟で

「どうかされましたか?」

と聞いた。

するとその後婦人が急にいろいろ質問してきた。

消費税が上がったことについてどう思うか?とか、今の世界情勢はどうだろうとか。

まあ〜その時点でなんだそりゃ?と思いはじめた私。

適当にはぐらかしながら曖昧な返事をしていると、今度は雑誌のようなものを取り出して説明を始めた。

聖書の何ページに書いてある言葉が〜とか・・・

オイオイ宗教の勧誘かよ!

「そちらの信者さんがいつもその冊子をもっていらっしゃいますよ。私は興味がありませんから」

そう言っても負けずに

「あら、あなた、もっと柔軟にならなくちゃだめよ」

なんて説教が始まりそうになって・・・

そうこうしているうちに遠方に妹の姿が・・・

「ごめんなさい、待ち人が来ましたので失礼しますね」

と急いでその場を後にした。

 

普通の人がいきなり声をかけてきたら「急いでます」って言って取り合わないのだが・・・

障害者であることを(もしかしてフリ?)利用して声をかけるって・・・ダメでしょ?

「そんな風に人を騙すようなことをして声をかけて神はお怒りになりませんか?」

って逆に聞いてみたいくらいだよ!

本当に視覚障害を持っている人にも大変な迷惑がかかっていると思うけど・・・

おかげで何となくモヤモヤしてせっかくのランチが台無しだった。

 

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 


 

今日は年内最後のお墓参りに出かけた。

お正月用にいつもより少し豪華にお花を添えて、墓石を磨きその周りもお掃除をする。

母が亡くなってから毎年のことだが、これを終えると少しホッとする。

檀家となっているお寺へ付け届けとしてお金を持っていく。

こういったことは母が亡くなってから毎年私が父の代わりにやっている。

 

お香典などでもないこういったものはどうやって処理すればいいのか〜なんて最初はとても悩んだ。

まさか香典袋に入れるわけにもいかないし、普通の封筒にお金だけ入れてそのまま持っていけばいいのか?

まあ〜最近はそんなことでもネットで調べればすぐに出てくる。

大人としての礼儀作法。

親の世代まではその親や親戚などから教わりながらやってきたのだろう。

だから時々世間の常識と言われているやり方とは違っていることもあったりして・・・

今は、ちょっと検索すればすぐに解決方法がわかって本当に助かる。

結局、付け届けの表書きはお布施らしい。

そう言えばお布施と書かれた袋を見たことがあるぞ〜と以前買いに行ったなあと引き出しを開けたら入っていた。

 

お寺の住職が今年から変わったのだが、今度の人は穏やかそうな方だ。

どうも前の住職さんは態度が偉そうで好きになれなかった。

親の代わりに先祖代々の墓を守っているのだが、私も嫁いでいる身。

私の代でこのお墓も墓じまいをすることになるのかな・・・

父の兄弟はもっと以前からそれを望んでいたらしい。

今は、お参りに来ることもないのかも・・・

とりあえず、毎年のこと。

これを終えるとなんだか気分がいいのだ。

来年もよろしくお願いしますとご先祖様に挨拶をして帰ってきた。

 

さて、

お墓参りの帰りにドラックストアーに立ち寄ったら、お正月用品が激安で・・・

この時期、値段が高くなるかまぼこやら数の子。

近所のスーパーの半額だ。

思わずあれもこれもと買い込んだ。

すると、年末年始に息子はいなかったということに気がつく。

食べきれるだろうか・・・と心配していたのだが、旦那と息子が早速食べていた。

逆に正月までもつのか心配になった。

 

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

 


NikolayFrolochkinによるPixabayからの画像

 

一昔前、どこかの家の息子さんが銀行に就職されたと聞くと誰もが「いいところに就職したんだね〜」なんて言って羨ましがった。

ところがその銀行も今では人気企業ではないらしい。

AIの時代になると、銀行員は淘汰されていく職業だと言われている。

そのこともあるのだろう・・・息子の大学でも以前は大手銀行を志望する子が多かったのだが、今はそれほどでもないようで・・・

 

みずほ銀行のようなメガバンクですら大幅な人員削減に踏み切っている。

私が住む地区の地方銀行もかなり合併が進んでいる。

自営で取引している銀行も合併したばかりだ。

ただ、この銀行、合併してからどうもおかしいのだ。

 

先日もインターネットバンキングの件でひと悶着あったのだが・・・

 

今日、そこの銀行から受けている融資の関係で通帳を預かりたいとやってきた担当者。

最近は、支払いなど他社のネットバンキングで済ませてしまうのでほとんど顔を合わせることもない。

その担当者が

「すいません、毎月の返済がここのところ遅れているようなのですが・・・」

と言う。

いや、そんなはずはない。毎月10日、もしくはその前日にしっかり入金しているはずだ。

「そんなはずはないでしょ〜」

と引き落とし用の通帳を持ってきて見せると・・・

「合併してから、10日じゃなくて5日に変わったんですよね〜」

と言う。

「はぁ〜??聞いてないよ〜」

 

まあね〜大した取引もないし、大口顧客でもないからこんな扱いでもしょうがないんだけど。

そんな大事なことも連絡してこないんだ〜とびっくり。

本当は、合併の時に担当者が説明して回ったのだろう。

多分、完全に忘れられていたっぽい。

返済日の5日後には入金されているので、特別督促の対象にもならなかったのだろう。

 

この銀行もそのうち淘汰されるんだろうけど。

この田舎では融資先もあまりなく先細りで・・・うちだって早く返済してやめてしまいたいと思っている。

数年前、まだ新卒でフレッシュだった担当者も随分疲れてきた様子。

5年後にはどうなっているんだろう。

それにしても、ず〜っと返済が遅れていたと思われていたなんてホント心外だわ!!

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

 


 

最近、思うように物事がうまくいかなくて

私の周りでも辛いことがあったりして気が晴れない。

そんな状態なので、やるべきことが全くやれていない。

締切が近づいて、焦るばかり。

睡眠を削ってやっているからはかどらないし、体調も悪い。

そんなイライラしている状況のところ、ヤクルトを勧めに来た人。

 

息子が高校生だった昨年までは、彼が毎日1本はヤクルトを飲んでいた。

食欲がないと朝食が食べられなくてもヤクルトだけは飲んでいたのだが・・・

息子がいなくなって、しばらくは旦那が飲むというのでそのまま持ってきてもらっていたのだが、結局ほとんど飲まない。

私はちょっと苦手で飲めないので、持ってきてもらうのをやめたのだった。

 

そのヤクルトさん・・・担当が変わったのかほかの人になっていて、どうですか〜?と勧めに来た。

「ごめんなさい、子供が進学で家を出ちゃったので・・・」

と言って断ったのだが

「奥さん、どうですかぁ〜?」

と言ってイロイロ説明し始める。

「ごめんなさい、私乳製品というのか、ちょっと苦手で・・・」

と言うと

「苦手苦手じゃないという問題じゃなくて、お薬だと思って飲まなくちゃ〜」

なんて言い出した。

なんかね〜今の私は心にとても余裕がなくて、すぐに導火線に火がついてしまう。

「いや〜そもそも薬じゃないし、嫌いなんで飲みません。ごめんなさい〜ちょっと忙しいので・・・」

と言って追い返してしまった。

 

あの言い方はなかったよな〜と後で落ち込んで・・・

そんな状態でますます仕事も進まない。

心に余裕がないとダメだね〜もう人とおしゃべりするのが怖い。

 

今日はパートの日。

目の周りのクマが凄すぎて人前に出たくない。

今日は風邪をひいてしまったとマスクの着用を許してもらおうか。

マスクをしていたらあまり話さなくていいような気がするから・・・

あ〜仕事に行きたくない。

 

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

 

 


Paweł EnglenderによるPixabayからの画像

 

今日、銀行からの帰り道・・・

信号待ちをしていたら右の細い路地から原チャリが飛び出してきて、私の前の車の発進を邪魔していた。

そのお婆ちゃんどうも原チャリに乗ったまま曲がることができないらしくて地面に足をつけて足で曲がろうとしている。

なんとか曲がってようやく発進したのだが今度は車道の真ん中をトロトロ走る。

少し道が広くなったところで前の車と一緒に追い越してほっとしたのだが・・・

 

信号のない横断歩道で園児たちが手を挙げて待っていた。

当番のPTAのお母さんがお迎えに行ったのだろう。

みんなお行儀よく自動車が止まるのをまって「ありがとうございました〜」と言って横断歩道を渡ろうとした。

その時、原チャリおばあちゃんが止まっている車の間から出てきて横断歩道を横切ったのだ。

危うくPTAのお母さんが途中で止まったため事故にはならなかったのだが、おばあちゃんはそのまま走り去ってしまった。

 

いや、これ、ダメでしょ?

もうそのおばあちゃん(多分、お婆ちゃんだと思う)絶対に周りが見えてないもの。

いくら原チャリだからって危なくてしょうがない。

結局、そのおばあちゃんは走り去ったあと近くのスーパーに入っていったよ。

しかも左折がうまくできなくてまた足で漕いでいた・・・

 

私が住む田舎では、自動車よりむしろこの原チャリのおばあちゃんが本当に危ない。

全然周りは見ないし、ウインカーも出さずにいきなり右折するし・・・

信号無視なんて日常茶飯事。

幸い、大きな事故になりにくいからAT車の暴走事故のようなニュースにはならないけどね。

本当にどうにかならないものだろうか。

 

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 



Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

スポンサーリンク

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • なんだか悲しかった
    grey
  • なんだか悲しかった
    らら
  • 大学生の子を持つ親として
    grey
  • 大学生の子を持つ親として
    NOA
  • 大学生の子を持つ親として
    ぜんだま
  • それはやっちゃダメでしょと気分が悪くなった出来事
    grey
  • それはやっちゃダメでしょと気分が悪くなった出来事
    アイスもなか
  • 元旦に休む店が増えてきた
    grey
  • 元旦に休む店が増えてきた
    ぴんぐ〜
  • 接客時のマスク着用は是か非か?
    grey

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM