ここ最近は、願書を出した大学の志願状況を見るのが日課となっている。

息子が出願した前期受験の大学は

多分、例年どうりでおさまりそうな緩やかな伸び。

それでもきっと2〜3倍にはなるだろう。

息子の志望大学は毎年定員以上はとらない。

辞退する人もほとんどいない。

ということは受験生全体の3分の1以上でないと落ちてしまうということだ。

だから少しでも競争相手が少ないほうがいい。

最低点でも引っかかりさえすればいいのだから・・・。

あまり息子によけいな情報を伝えてプレッシャーをかけるわけにもいかず

一人で悶々としている。

 

センター試験の出来から、

結果的に第一志望の大学に出願したが

第二、第三志望の大学だと倍率が軒並み3〜4倍だ。

これはこれでかなり怖かっただろう。

そんな風に各大学の状況を眺めていたら

ちょっとびっくりした倍率の大学があって・・・。

「首都大学東京」だ。

ここの大学、私が若い時は都立大といってかなりの難関大学だった。(今でもそうだが)

私からしてみれば高嶺の花。

それが首都大学東京となりまた都立大に戻るそうだ。

その影響だろうか・・・

ここの法学部が締め切り前で既に7倍超。

国立大の後期ならわかるがちょっとびっくりした。

その話を息子にすると

「あ〜そこ・・・センターの数学の点がいらないんだよね。

前期試験も数学がいらないから、私大受験組が流れ込んでくるんだよ。

早慶に受かったら行かないんじゃない?」

と説明してくれた。

国立でもセンター試験で数学がいらないところがあるんだ〜と思っていたら

意外にあるそうだ。

まあ息子のように数学の点が入らないとなると

不利になってしまう子には向かない大学なのだ。

 

今年は、センターが易化したおかげで

けっこう各大学の倍率が高いようで・・・

だから余計にマグレで入れるなんてことはないだろう。

最後の最後までいかに粘れるかが勝負だ。

頑張れ息子。

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 

追記

先日、BSで「3月のライオン」という映画をやっていたのを

録画していたので見ました。

最近、美容院へ行く暇がないとボサボサの髪でガリガリの体の息子。

あの主人公役の神木くんに何故かよく似ていて

(以前から学校でも似ていると言われていたらしい)

そうなるともう息子にしか見えなくなってしまって号泣しながら視聴。

彼が苦悩している姿が息子とダブり

塾から帰ってきた息子の頭を滅茶苦茶なでて

抱きしめようとしたら逃げられました。

「なんだよ〜意味わかんね〜」

と言って笑っていましたが・・・

お恥ずかしい・・・本当に親ばかです。

まあとにかくそんな情緒不安定な受験生の親。

本番まであまり周囲に迷惑をかけないようにしなくては・・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 


Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

スポンサーリンク

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 学生時代に「ぼっち」だったのだと改めて実感した
    grey
  • 頭の回転が鈍くなってきた?
    grey
  • 学生時代に「ぼっち」だったのだと改めて実感した
    アイスもなか
  • 頭の回転が鈍くなってきた?
    maiko
  • 果たして食べ放題はお得なのか?
    grey
  • 果たして食べ放題はお得なのか?
    花粉症
  • 消費税軽減税率でパートに行くのが憂鬱になる
    grey
  • 消費税軽減税率でパートに行くのが憂鬱になる
    ぴんぐ〜
  • 消費税軽減税率でパートに行くのが憂鬱になる
    grey
  • 消費税軽減税率でパートに行くのが憂鬱になる
    花粉症

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM