昨日、息子は同じ塾で浪人生だった先輩と

打ち上げと称して遊びに出かけた。

先輩もK大に見事合格した。

進学準備のためもう来週初めに京都へ行ってしまうらしい。

 

彼は現役時代息子が進学する大学を受験した。

元々大変優秀な子で息子よりも高校時代の成績は良く

模試でもAかBばかりだったという。

だから1年前、彼が不合格だったと聞いて改めて受験の厳しさを知った。

彼の場合、センター試験があまり良くなかったらしい。

それに加えて私大の定員厳格化で併願校の受験も失敗してしまったとか。

少しのつまづきで大きな渦に巻き込まれてしまって

よくわからないまま受験が終わってしまったそうだ。

結局、後期試験で地元の国立大学には合格したものの

納得がいかないと今年再チャレンジした。

彼の1年間の努力と苦労が報われて

現役時代よりもさらにレベルをアップさせることができた。

多分、今年見る春の景色は彼にとっては格別なものだと思う。

本当にすごいことだし

彼の頑張りにどれだけ息子が刺激され励まされたか。

本当に合格おめでとう!そして心から感謝している。

 

さて

息子の場合・・・

合格は、もう・・・運が良かったに尽きる。

確かに本人も努力していたし後半は本当に頑張っていた。

それでもちょっとつまづいていたらきっと全滅だったと思う。

息子のラッキーは

センター試験ができたことに尽きる。

そのおかげでセンター利用の大学にも合格できた。

前年、かなり合格が絞られてボーダーが跳ね上がった大学のその学部。

センターの点が良かったといっても

昨年なら不合格になっていただろう。

それが合格していた。

これが弾みになったような気がする。

例えば、もし前年の結果から他の大学にしたり学部を変えていたりしたら

合格は貰えなかったかもしれない。

確かにmarchと言われている大学の前年の実績を見て

センター利用や一般試験の大学のランクを下げて受験したら

その大学の方がボーダーが跳ね上がってしまったなんて話も聞いた。

でも、実際に受験する時なんてそんなことわからないし・・・

ここでもイチかバチかで出願する形になる。

それを考えると受験って戦略が必要で

戦略を立てていてもうまくいくかどうかはわからない。

やっぱり運なんだろうな〜

 

息子は、センター試験だけは自分自身で勉強してきた全てが出せて

手応えが非常に良かったと言っているが

それ以降のことはあっという間の出来事だったようだ。

実際に前期試験は受かっているとは思っていなかったし・・・

 

奇跡で合格したのだから入学してからが大変だ。

周りのレベルについていけるかどうか〜

皆よりも努力しないと卒業できないよ〜〜〜って脅してはいるが・・・

とりあえず、最初のTOEFLの試験で英語のクラス分けがあるそうだ。

(一定の点が取れないと特別クラスになるらしい)

なんとか特別クラスにならないようにしないと・・・

でも全然勉強してない様子でちょっと不安。

 

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 


Comment
先輩の方のお話を読んで、上の子の受験を思い出しました。
上の子もセンター今ひとつでK大残念、うちは浪人したくないと言って地元国立大に進みました。
ちなみに上の子は娘です。以前書き方悪くて、息子と思われたかも。下の子が息子です。
センターを制する者は受験を制すって本当だなぁと実感しました。

娘は理系なのですが英語が好きで、学部時代はバイト代をつぎ込んで英語スクールに通っていました。院では論文読んだり書いたりで英語力は不可欠でした。

息子は文系ですが、娘ほどは英語が好きではなかったのですが、大学に入ってすぐの英語のクラス分けのテストで、なぜか難しいクラスに入れられたので必死に勉強したようです。語学に興味が沸いて、英語とともに第2外国語で選択した中国語もがんばって学んでいました。

英語力はもはやマストですね。ぜったい必要です。
そのうえで、今は少しでも中国語が分かると有利かもしれません。

娘はすでに社会人で家から巣立っています。
今春は息子が新社会人になります。
まもなく大学の卒業式があり、その後すぐに引っ越しで巣立っていきます。
もう子どもたちと一緒に暮らすことはないのだろうなあと思うと、ちょっぴり寂しいです。
greyさん、一緒に寂しがっていいですか?笑

greyさんの息子さんや、同じように新生活を始めるお子さんたち、うちの息子もふくめて、皆みんな幸多かれ!元気でがんばるんだよーー!と叫びたい気持ちです。
  • Reindeer
  • 2019/03/18 20:47
Reindeer様

下の息子さんがご卒業とのこと〜本当におめでとうございます。
それと同時にご就職おめでとうございます。
そしてReindeerさんもお疲れ様でした。

子どもたちと一緒に暮らすことはないのだろうなあ〜この一文が胸に刺さりました。
そうなんですよね〜
今まで食卓でご飯を食べたり、リビングでテレビを見ていたり、ふと見ると当たり前のようにそこにいた子がいなくなるんですよね。
子供なんて、そうやって巣立っていくものなんですけど・・・
でもやっぱりさみしいですよね!
ここまで育ったという喜びが一番大きいのですが、家からいなくなってしまったあとどれだけ寂しくなるのだろうと今から心配しています。
そんな時はお願いします〜一緒に寂しがってください(笑)
  • grey
  • 2019/03/19 14:37





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

スポンサーリンク

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 学生時代に「ぼっち」だったのだと改めて実感した
    grey
  • 頭の回転が鈍くなってきた?
    grey
  • 学生時代に「ぼっち」だったのだと改めて実感した
    アイスもなか
  • 頭の回転が鈍くなってきた?
    maiko
  • 果たして食べ放題はお得なのか?
    grey
  • 果たして食べ放題はお得なのか?
    花粉症
  • 消費税軽減税率でパートに行くのが憂鬱になる
    grey
  • 消費税軽減税率でパートに行くのが憂鬱になる
    ぴんぐ〜
  • 消費税軽減税率でパートに行くのが憂鬱になる
    grey
  • 消費税軽減税率でパートに行くのが憂鬱になる
    花粉症

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM