Image by fietzfotos on Pixabay 

 

ご近所に住むひとり暮らしのお婆ちゃん。

なんでもお孫さんがこの度W大学へ合格したそうだ。

関東に住む娘さんの一人息子だそうで・・・

ウチの息子も同級生だからだろう。

昔から可愛がっていただいた。

それはそれは嬉しそうで・・・

「(息子)くんはどこか決まったの?」

と聞いてきたので

「まだです。いま発表待ちで・・・」

と答えると

「(息子)くんもW大受ければよかったのに〜」

と笑っていた。

「ウチはとてもとても私大に行かせる余裕がないもので・・・

それにセンター利用ではレベルが高すぎて無理ですもん!!」

そう言うと

「そうなの〜?

でもこれからいろいろ支度してやらなくちゃいけないから

お金がかかるのよ〜」

なんてこれまた嬉しそうに話していた。

 

これを同じ受験生の母親にやられたら

ちょっとイラッときていたかもしれないが

おばあちゃんだと不思議と一緒に喜んであげられる。

多分、息子の進路が決まったら

私の父や義両親も同じようにやるだろう。

それを想像するとなんだか微笑ましく思えるから・・・

 

そう言えば

同じ塾に通う浪人の先輩も

W大学に合格していたと息子が言っていた。

まあ彼の本命は10日発表のK大だが・・・。

国立大学前期試験の合格発表の最終日に

T大とK大の2校の発表がある。

紅白歌合戦のオオトリみたいなもんだな〜と言ったら

「発想がババアだ」

と息子に馬鹿にされてしまった。

どうせババアですよ!!

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


 

昨夜は午後10時には眠くなってしまって

そのまま寝てしまった。

おかげで今朝はもう午前5時には目覚めてしまう。

起きてみると息子が御飯を食べた形跡が・・・

きっとお腹がすいて起きてきたのだろう。

今日は一日ゆっくりしていればいい。

 

息子が受験する大学は

JRと地下鉄に2時間ほど乗っていれば到着する。

親戚の家はその乗り換える地下鉄の駅なので

とても都合が良かった。

まあ我が家から最寄りの駅までが遠いのが一番のネックなのだが・・・

 

初日の前日も特に電車の時刻は決めずに

お昼過ぎに家を出た。

電車の時刻がわかり次第

いとこに連絡をすれば駅まで迎えに来てくれる。

それにしても息子の大荷物。

問題集やら教科書やら全部持ってきたんじゃないかというくらい

詰め込んできて・・・

明日試験なのに今更どうしようというのか〜

まあ本人が気が済むのならそれでいいのだが

絶対に私の荷物の中には入れてやらないから・・・

と釘を刺しておいた。

 

電車に乗り込むと

関西の国立大学を受験する友達とバッタリ会ったようで・・・

その子の家はお父さんが付き添っていた。

何でもお父さんの母校を受験するそうだ。

〜お父さんも優秀だったのね〜

後で息子から聞いたのだが

センターリサーチはC判定だったそうだ。

きっとお父さんが母校に行かせたかったのだろう。

超えるべき親・・・その壁が高いと子供は大変だ。

その点、息子は、壁がまたいで通れそうでよかったねぇ〜

お友達とは、途中の新幹線の駅で別れた。

まあそんなこんなで親戚の住む街に到着。

親戚が住むマンションは

叔母夫婦とその向かいにいとこが住んでいる。

いとこの息子さんがイギリスに留学中なので

息子は彼の部屋を使わせてもらえた。

一休みしたあと

地下鉄の駅から大学まで行ってみようと

息子と出かける。

地下鉄の本数は少なめだが

地元のJRよりは全然マシだ。

ほどなくして大学の駅に到着。

大学の駅を出ればもうそこら辺一体は大学という・・・

オープンキャンパスで息子がどうしても行きたいと思った理由がわかった。

ここに通えることになればいいね〜

そんなことを願いながら

やはり同じように下見に来ている親子も結構いた。

 

試験初日の朝、

息子はぐっすり寝られたようで・・・

向かいのおばが用意してくれた朝食も

しっかり食べた。

地下鉄の駅まで息子を送っていく。

「じゃあ行ってきます」

と言う息子を改札で見送りながら

なんとなく胸がいっぱいになって泣きそうになる私。

どうか無事に帰ってきてくれますように〜

 

その後はいとこと大きな駅まで出る。

私が学生の時に来た時はもっと田舎だったのだが

もうすっかり大都会だ。

随分変わったね〜と感心しながら

ご飯を食べたりお茶したり〜

久しぶりに楽しい時を過ごした。

 

でも・・大好物のケーキを食べていても

息子のことを考えると

なんだかキュ〜っとお腹が痛くなって・・・

やっぱり心配している私。

合格して欲しいのはもちろんそうなのだが

それよりも息子の落ち込んだ顔を見たくない。

きっと受験生を持つ親御さんはみんな同じだろう。

楽しかったのだが何とも言えない長い一日だった。

 

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 


 

おわった・・・

 

家に帰ってドッと疲れが出たようだ。

(なんにもしていないのに)

一昨日からの親子ドタバタ劇はまたゆっくり書いていこうと思う。

まあとりあえず一番気になる試験の出来だ。

 

昨日の初日は英語ともう一つの科目。

これに関してはセンター後の一ヶ月担任や

ほかの先生に添削をしてもらって

相当頑張ってきたと思う。

ただ、得意でなかった英語がどうなるか・・・ここが一番不安だった。

 

初日を終えた息子・・・

「おかしい!!」

私と顔を合わせるなりこうのたまう。

「よくわかんないんだけど、なんか全部書けた」

そうで・・・

特に英語の英作文が自由作文で

なかなかの難問のように見える・・・(問題を見てもさっぱり?な私)

ただ、各大学の英作文の過去問や

もうひとつの試験科目の添削などでなんとなく書く事に慣れていたようで

白紙提出にはならなかったそうだ。

「でも〜僕ができるということは

みんなもっと出来てるはずだからきっとダメだ〜」

なんて口ではメチャクチャネガティブなことを言ってはいたが・・・

満更でもないんだろうな〜なんて思っていた。

 

まあね〜一番心配していた英語が

なんとなくできているっぽそうで・・・

もうひとつの科目はそれほど差もつかないだろうし

おまけに翌日は得意の数学。

もしかしてもしかして・・・

とそうはいかないのが大学受験。

 

今日の数学を終えてガックリ肩を落としてやってきた息子。

手応え全くなし〜だそうだ。

帰りは大きな駅にもどっていろいろなお店見てまわろ〜か〜??

なんて励ますつもりで言ってみたのだが

「いい・・・もう家に帰りたい・・・」

と言って

そのまま電車に乗って帰宅。

駅まで迎えに来てくれた旦那も

「大丈夫だよ〜〜〜英語ができたんだろ〜〜〜」

なんて慰めてくれたのだが

「みんな出来てるもん」

なんて言ってしょんぼりしていて・・・

 

家に帰って遅い昼食のコンビニ弁当を食べながら

英語ともうひとつの科目の出題内容について聞いてみると

それはそれは饒舌に語ってくれた。

まあきっとこの2科目はできたんだろう。

ただ・・・今朝までは息子は合格するかも〜なんて

心のどこかでは思っていて

少しだけ自信のあった数学で鼻をへし折られてしまった。

 

さて息子・・・まあきっとほっとしたのだろう。

ただいま爆睡中。

きっと朝まで寝ているんじゃない?

昨夜はほとんど寝られなかったみたいだから(笑)

 

私も疲れたかな・・・

多分、この分でいくと後期受験の旅に出ることになりそうだけど

なるようになるさ〜

 

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 

追記

 

今回、たくさんの皆さんに応援していただき感激しています。

今までにないくらいのアクセスがあり

応援もしていただきました。

そして、同じように前期試験に挑まれた方、親御さん・・・お疲れ様でした。

発表までがこれまた長くてやきもきしそうですが・・・

息子を含め、受験生のみなさんがいい結果が出ますようにと祈るばかりです。

2日間の旅の顛末は少しづつ更新していこうと思いますので

またお立ち寄りいただけたら幸いです。

本当に本当にありがとうございました。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

 


 

昨日のパートで

息子の中学の同級生のお母さんが食事に来ていて

声をかけられた。

高校は別の高校に通う女の子のお母さん。

「(息子)くんは今受験で大変でしょう?」

「もうすぐだからね〜」

そう答えると・・・

「あ〜やっぱり国立も受けるんだよね〜」

と言われた。

そして

「この間○○さんがね〜greyさんのところは□□大を受けるんだって言ってたから」

なんて言い出して・・・

「うち、□□大は受験してないよ」

「やだ〜誰かと間違えたんだね〜もう!ちゃんと言っとくわ」

まあそんな会話をして〜お互いに頑張ろう(彼女のところも国立受験)

〜と言って終わったのだが・・・

 

さてどこでそんな話になってしまったのだろう。

 

その少し前にその○○さんと銀行で会ったことがある。

その時に息子の進学について聞いてきた。

彼女のところは推薦で県内の私大に進学が決まっているそうで・・・

「大学は遠くに行くの?」

そう聞かれたので

「県内じゃないんだけどそんなに遠くないのよ〜

まあ受かればの話だけど・・・

落ちたら遠くなるかもしれないし・・・

どちらにしてもどこかに決まって欲しいねぇ〜」

なんて話したと思う。

「え〜遠くないって何処?どこの大学〜??」

なんてまだ突っ込んでくるので

「まあ周辺の県かな〜」

なんて笑って答えた。

それが□□大を受験したことになっているらしい。

まあ確かに隣の県の大学だけど・・・

でも□□大って私立大だと思うんだけどね〜

 

それにしても周辺の県から大学を想定して

いつの間にかその大学を受験したことになっている。

自分の知らないところで間違った情報はどんどん広がっていくんだな〜

ウチはあまり人様の家のことには関心がないので

噂が入ってくることも滅多にないのだが・・・

これから人から聞いた噂話は

話半分いや三分の一で聞いておこうと思った。

 

昨日の仕事も忙しくて疲れた〜

今日もこのあと仕事だ・・・

多分今日は暇!

暇でありますように〜

今日こそ早く帰ってきて早く寝よう。

 

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 


 

もう来週の今頃は国立前期試験のために

電車に乗っている頃だろう。

幸い親戚の家にお世話になるので

いとこが駅まで迎えに来てくれることになっている。

気がつけばあと一週間。

なんとなく落ち着かなくて

胸が苦しくて

呼吸が浅くなってしまう。

息子は飄々としているように見えるが

多分緊張はしているのだと思う。

 

最近はパートの日でなくても

朝方にならないと眠れなくて・・・

2時間ほどしか寝られずに起床時間が来る。

おかげでいつもぼ〜っとしている。

おまけに今は確定申告の時期。

来週中に自営の方と父親の分を申告してこようと思ったが

自営の方は前期試験が終わってからに変更してもらった。

前期試験が終わるとすぐに卒業式がある。

来週も再来週も結構忙しい。

合格発表後は合格したら大学への手続きがあったり

新生活の準備だったり・・・

不合格だったらもうその2日後には後期試験を受けに

その大学の地へ向かわなくてはならない。

どちらにしても大忙しだ。

眠れない〜具合が悪いなんて言っていられない。

私も気を引き締めて頑張らないと・・・

 

さあ今日もお仕事だ。

最近、週末になると私の勤務先だけでなく

近所の飲食店も激混みだ。

家族で外食〜なんて余裕があるな〜と感心する。

そんな話になったとき

今は食べ放題のお店でも一人2000円くらいですむから

意外に安上がりなんだと言う人もいて・・・

でもね〜一人2000円だとして

我が家の場合、家族3人で6000円。

これを安上がりだと思えるのはやはり懐に余裕があるのだろう。

そういう人がちょっと増えてる気がする。

消費税が上がったらお客さんも減るんだろうなぁ〜

それと同時に私の仕事もなくなるかもしれないけど。

 

 

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

スポンサーリンク

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM