昨日のパート。

大学生のバイト君が咳ばかりしている。

熱があるとか言い出して・・・

やめてよ〜インフルエンザじゃない??

と私は後ずさり。

お客さんも少なくて私だけでまわせそうだったので

お引き取り願った。

その後、更衣室で体温をはかったらしいバイト君。

私に近づき体温計を見せてくる。

38度を軽く超えていた。

あ〜絶対インフルエンザだ。

さっさと帰ってくれればいいのに

近くに来て体調のこととか訴えてくる。

やめて〜〜〜〜近づかないで〜〜〜と言いたい。

でも、親元を離れ一人暮らしの彼。

そうそう邪険にはできない。

早く帰って寝て

翌日病院へ行くようには言ったのだが・・・

心細いのか、なかなか帰ろうとしない。

私も息子の受験がなかったらいいのだけど

ここでその病気をもらうわけにはいかない。

なんとか帰して

彼が触れたところを一通り消毒して回った。

 

それにしても店舗が閉鎖になるんじゃないか

という勢いでインフルエンザが蔓延している。

半分近くがインフルエンザってどうなのか。

きっと、慢性的な人手不足で

具合が悪いのに無理をして出勤しなくちゃいけなくて

結局、菌を撒き散らしているのではないかと。

まったく・・・自己防衛にも限界があるよな〜。

 

インフルエンザも最近渡される薬が

劇的に効くようで

一回飲めばすぐに熱が下がるらしい。

たいしてひどくならずに寝込まないのなら

今のうちにかかってしまってもいいのかもしれない。

今は最優先が息子の受験だから・・・

ひと月後の国立前期試験が無事受験できればそれでいい。

予防接種を受けているのでうつったとしても症状も軽いだろうし

そう考えるとゆっくり休めていいのかな〜なんて思ったりして・・・

 

よろしければ応援お願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

 

 

追記

今日、センター試験の各予備校の判定がわかるようになっていて

早速、駿台、河合と見てみました。

思ったよりも高得点の子が多かったようで・・・

第一志望がなんとかB判定、第二志望がA判定でした。

予想はしていましたが・・・

さて、息子の選択は?

そしてさらに予想はしていましたが

私立のセンター利用。

1校は多分大丈夫でしょうが、もう1校は多分ダメでしょう。

でも、私立一般は受験しないと思います。

まだ担任との話し合いでどうなるかはわかりません。

本人はやっぱり第一志望の大学に行きたいみたいなのですが・・・。

それでだいじょうぶなのかと心配している私なのです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村


 

横綱稀勢の里が引退を表明して話題になっている。

彼が横綱になったときがもうかなり限界だったような気はしていた。

横綱時代の彼は見ていて痛々しかったが・・・

いろいろな重たいものを背負わされていたのだろう。

(昔の)相撲ファンとしてお疲れ様でした〜と心から思う。

 

相撲の話は置いといて

昨日のパートの出来事。

私が仕事に入るのと入れ替えにMさんが上がってしまった。

いつもは、用もないのにダラダラとして

私にど〜でもいいことを話しながら最低30分は粘るのに

珍しいこともあるものだと思いながらホールに出る。

するとお客さんから

「すみません、ライスがないんですけど・・・」

と言われた。

ジャーの中を見ると空になっている。

「申し訳ありません」

とお詫びをしてあわてて取りに厨房へ行くと

「ごめんね〜、Mさんが補充忘れていたからあと5分くらいかかるのよ〜」

とKさんが教えてくれた。

ライスはホールに出ているスタッフがチェックをして

厨房へ指示をしなくてはいけない。

Mさんはそれを忘れて(お客さんに言われてはじめて気づいたのか?)

あわてて指示を入れたのが20分ほど前。

早炊きしてもかなり待たせてしまう状態で・・・

なるほど・・・それで早く帰ったか・・・

その後、お客さんから苦情を言われたのは言うまでもない。

その責任を全て私に押し付けサッサと帰ってしまった。

 

一言、

「忘れちゃってごめんね〜」

って言ってくれればまだいいのだが

なんの説明もなしで・・・

次に会うときにバツが悪くないのだろうか。

まあ、悪いとも思っていないだろう。

きっと何もなかったかのようにいつもの彼女に戻っているにちがいない。

その後、ライスの準備をして

お客さんに謝ってまわった。

ホント〜ますますいらないワ〜アノヒト。

誰か引退勧告してくれないかな〜。

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

 

 

追記

センター試験が明後日となってしまいました。

平常心を保つのに必死の情けない親です。

今日の晩御飯はカツ丼です。

前日は、あまり胃に負担がかかるようなものは〜と思い

今日食べてもらいます。

この際、験担ぎです。

おかげ様で体調も良く、機嫌もいいようで・・・

今日は早く休むようです。

さて〜ご飯を食べさせるとしますか。

それでは、最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 


 

あ〜センター試験まであと数日。

明日からセンター試験が終わるまで

パートのお休みをお願いしていた。

実際は金曜日と日曜日に・・・と頼んであったのだが。

急に金曜日に出る人がいないのでやっぱり出て欲しいと言われた。

 

ちょっと待て!!

私はひと月前からお願いしてあったはず。

大学生が試験勉強があるという理由で急に出られないと言ってきたとか。

それもどうかと思うが、そんなこと私には関係ない。

 

もうね・・・頭にきて言ってしまった。

「無理です。

私は、息子のほうが大事ですから・・・」

それを聞いた店長。

「そうですよね〜わかりました。

私がラストまでやります」

だって。

そりゃあ、お正月からほとんど休みもなくて

その日だって15時間くらい働く計算になるから気の毒だけど。

試験当日は朝早くからお弁当を作って

万全の準備をして送り出してあげたいのだ。

前日に遅くまで仕事をしてボ〜として送り出すなんてできない。

もし寝坊でもしたら一大事だ。

そう考えてひと月も前からお願いしておいたではないか。

思い出すだけで腹が立つ。

ただ、日曜日は仕方がないので出勤することにした。

息子のお迎えは旦那に頼むことにして・・・

日曜日は、結果を気にしながら

やきもきして仕事をすることになりそうだ。

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

 

 

 

 


 

お正月の勤務の際、

一緒に働いているYさんの旦那さんと娘さんが

来店したことがあった。

Yさんの上のお嬢さんは今年高校生になるそうだ。

お母さんが深夜シフトのことが多いため

食後のあと片付けは二人のお嬢さんがやってくれるそうだ。

来店後、Yさんの案内で店内の端の席でひっそりと食事をしていた。

Yさんが料理の提供にテーブルに向かうと

上の娘さんがスマホでYさんの写真を撮っていた。

あれは旦那さんのスマホなのだろうか・・・

旦那さんはじめお嬢さんたちも本当に楽しそうで

というよりなんだか嬉しそうで・・・

家では見せないお母さんの働く姿。

それを家族みんなが誇らしそうに見つめていた。

 

「優しそうな旦那さんに可愛らしいお嬢さん、

素敵なご家族ですね」

そうYさんに言うと

「そんなことないですよ〜受験生なのに勉強しなくて・・・」

と言っていたがとても楽しそうだった。

 

うちの旦那と息子は

お母さんの働いているところなんて見たくないと絶対に店には来ない。

私も今の私はとても見せたくはない。

でも、Yさんのように生き生きと仕事ができるようになれば

キラキラして元気に働く母親の姿を見せるのはとてもいいことだと思う。

子供にとっても自慢のお母さんだろう。

私もいつかそんなふうになれるのだろうか・・・。

現実は、失敗ばかりでダメダメな私。

くたびれた自分の姿を鏡でみていっそう落ち込んでいたのだった。

 

読んでいただいてありがとうございました。

最近、A型インフルエンザが流行り始めているようです。

一応、家族で予防注射はしてありますが

それでもかかってしまうこともあります。

センター試験まで何事もなく過ごせるように

とにかくマスクと加湿と除菌です。

ただうちの旦那・・・マスクを絶対にしない。

息苦しいんだとか。

もしどこかで病気をもらってきたら絶対に家に入れてやらない

そう警告してはいますが・・・。

それよりも胃の具合が悪く

食べられなかった影響で随分体重が落ちてしまいました。

やせ細った体には寒さが堪えるらしく

カイロを体中に貼り付けて仕事に出かけています。

最近、薬を変えたのですが

これが効いてきているのか少しだけ食欲が戻ってきました。

このままよくなるといいのですが・・・。

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 

 


 

最近、短期のアルバイトの高校生が何人か入ってきた。

彼らは、今年の春に就職を控えた高校生だ。

つまり息子と同じ年齢の子達だ。

昨日、その中のひとりの子と1時間だけ一緒に働いたのだが

話しているうちに彼は息子が卒業した中学の出身だとわかった。

「それじゃあうちの子と一緒だよ〜」

なんて話すと

「○○(息子の名)ですよね!!」

と即答してくれた。

結構仲が良かったらしくて、ウチにも遊びに来たことがあるらしい。

私は全く気がつかなかったのだが・・・。

彼は、とても元気が良くて明るい好青年。

仕事ぶりもキチンとしていて礼儀正しい。

3月までの短期でのアルバイトなのが残念だが

この春に晴れて社会人になるのだから仕方がない。

 

彼が帰りがけに

「お先に失礼します。

○○に受験頑張れって言っておいてください」

と挨拶してくれて

「ありがとう。言っておくね〜」

と答えた私。

・・・とここまでは気分良く仕事をしていたのだが

彼と一緒にあがるはずのMさんが

いつまでもウロウロしていて

その話を聞いていたのかいないのか

つかつかと私のところにやってきて

「新人さんとあんまり話はしないほうがいい」

と言ってきた。

意味がわからない私がきょとんとしていると

「ほら、他の新人さんが差別されているって思うでしょ」

だって。

意味がわからん。

これ・・・私と話したのが女の子だったら知らん顔しただろう。

実際、女子高生といくら話をしたところで何も言ってこない。

彼が男子高生だったからなのか??

いい年したおばちゃん(どちらかというとおばあちゃん)が

ヤキモチですか〜。

しかも息子の同級生なんだけど。

もう、腹が立つというより寒気がした。

 

読んでいただいてありがとうございました。

家に帰ってアルバイトの新人の同級生のことを話すと

中学1年の時同じクラスで

確かによく遊んでいたそうです。

かなり足が速くて陸上で全国大会にも出ているとか。

高校でもそこそこ活躍していたのでは〜と話していました。

礼儀正しいのはそういうところからもきているのでしょう。

今の息子じゃ多分彼のようには働けないだろうな〜。

一足早く大人になっていく同級生。

息子はもう少し勉強する道を選びました。

ここのところの息子は、ただ黙々と頑張っています。

毎日やることを繰り返し繰り返し〜

表情も穏やかで今が一番接しやすいかな・・・

本当は苦しいのかもしれませんが

私は余計なことを言わないように黙って見守る毎日です。

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

 

 



Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

スポンサーリンク

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 生存確認してきた〜過保護な親です
    grey
  • 生存確認してきた〜過保護な親です
    da
  • 生存確認してきた〜過保護な親です
    grey
  • 生存確認してきた〜過保護な親です
    da
  • 生きてるかぁ〜〜??
    grey
  • 生きてるかぁ〜〜??
    ぴんぐ〜
  • 散り際の桜の前で泣く
    grey
  • 息子の電話で少し元気になった
    grey
  • 散り際の桜の前で泣く
    アイスもなか
  • 息子の電話で少し元気になった
    ちょこ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM