先日からの息子の一件から四六時中彼のことを考えている。

そういえば、もうずっと家に帰省していない。

さすがにお正月は帰省するだろうといつから帰ってくるかとLineしてみたら

「大晦日と元旦は友達とユニバに行きま〜す」

などと呑気そうに返ってきた。

 

元気そうでほっとした反面、なんだそりゃ?人の気も知らないで!!と少しイラっとしている私。

まあ〜子供なんてそんなもんだと思うし、「おかあさ〜ん」なんて小さい頃のように甘えてこられてもそれはそれで問題だ。

でも・・・なんだかさみしいのも事実。

 

この先、彼は自分のこれからの生き方を各場面ごとに選択していかなくてはならない。

その第一歩が就活だと思う。

就職活動は、先輩のお母さん方に聞くとなかなかメンタルがやられるらしくて、なかには大学受験の比ではないという人もいた。

最近はエントリーシートというものをその会社に提出して書類選考があるのが一般的らしいのだが、それを全てチェックしているという親御さんもいた。

そこのお子さんは、大手のインフラ系の会社に就職が決まったそうだ。

 

成人した子供のことにそこまで関わるのがいいのか悪いのかわからないが、私の場合は、就活がうまくいかなくて泣き言を言ってきたら今回のようにオロオロするのは間違いないと思われ、きっと彼女もそんな思いをしないようにどんどん関わっていったのかなとも思う。

好きなように生きていきなさいと口では言っていてもね・・・なんだろう、子供が誰にも相談できなくて、辛い思いをしたり悩んでいた事を後で知って後悔するのだけは絶対に嫌なのだ。

子供が、いろいろなことに疲れてしまった時に、弱音を吐いたり、愚痴を言ったり気軽にできるように、

そしていつでも帰ってこられる場所でありたいと思っているのだが・・・やっぱり甘いのかな。

 

まあ〜母親以外にそういう存在を見つけてきた時には、完全に卒母しなくてはいけない。

見つけてきてもらわないと困るがそれはそれで寂しかったりもする・・・面倒くさいねぇ〜母親って。

 

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 


 

息子のことが心配でいろいろなことがはかどらない。

親元にいたときは、関わる大人は学校の先生だったり近所の人たちくらいで、先生にも恵まれていたせいかなんでも素直に受け止める子だった。

やはり、社会に出るとそんな大人ばかりではない。

彼は、まだ学生でもあるがアルバイトをするようになって少しだけ社会と関わるようになった。

その中で話を聞くと信じられない対応をされたりする。

しかもその会社を背負っている大人たちが・・・

それって大人として社会人として間違っていないか?

若者を混乱させてどうするんだろう。

あ〜今、現在進行で起こっていることだから何も書けないが、もうその業界は終わっているんじゃない?

謙虚さはなく、傲慢な感じは今までにも伝わってきたが、もう大人として終わっている。

 

息子はまだ精神的に弱いので随分へこたれている。

病んでもいる。

ただ、まだ私に吐き出してくれるだけマシかもしれない。

本当は飛んでいって抱きしめたいくらいなのだが・・・それは速攻断られた。

「その元気があれば大丈夫。

その経験がいつかきっとあなたの成長につながると思うよ。」

そう返信しておいた。

あまり悩まないで・・・まだまだこれからなんだから〜

あ〜〜〜やっぱり子供のことは、本当に疲れる。

昨日から何も食べていない事に気付き、体重を計ったら1キロ痩せていた。

 

〜明日はいいことありますように〜

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 


 

いまだに子供のことで一喜一憂を繰り返している。

思えば昨年の今頃も、大学受験の模試の結果で落ち込む息子を見ながらどうしてやったらいいのかオロオロしていた。

自分のことならどうすれば納得できるのかわかるし、選んだ道は自分で責任を取れば良い。

それが子供のことになるとそうもいかない。

どうしてやったらいいのかとか、何を言ってやったらいいのかとか・・・

ましてや今は一緒に暮らしていなくて、相手の表情がわからない。

 

本人は、弱音を吐くところがなくて私にぶつけてくるのかもしれない。

だまって笑って受け止めてあげればいいとは思うのだが、そのあとで私自身が食欲がなくなるくらいに落ち込む。

一緒に落ち込んでどうするんだよ〜ってところなのだが、子離れはなかなか難しい。

努力が報われなくて何もかもうまくいかなくて〜ネガティブになりがちなところ。

それをどうポジティブに持っていけるか〜明るく励ましてあげられるか〜なんて悩んでいた。

コレ・・・あと数年後にやってくる就活でももっと気をもむのだろう。

そのことを考えたらぞっとする。

私が精神的にやられちゃうかも〜

その時までに〜私自身が成長していなくてはいけない。

 

ただやっぱり今は息子のことがとても心配。

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

 

 

 


 

息子にLineを送ったのだが・・・なんとすぐに返事が返ってきた。

「コメ送れ」

電報かっ!!

腹が立ったものの親ばかなのでコメを買いに出かけようとしたところ旦那に

「コメなんて送ると送料がかかるからお金送ってやったほうがいいんじゃない?」

と言われた。

そう言えば、以前お米を10キロとほかの食品を一緒に送ったところ送料だけで二千円近く取られた。

コメの値段にプラス二千円で最高級のお米が買えるではないか。

早速、その分のお金を送るとLineしたら、今度はコメを買いに行くのが面倒だと言われた。

 

ここで放っておけない私も甘いのだが、とりあえず何か他に送らなくてはいけないものはないかと探している。

きっと何だかんだ自分に言い訳して、結局送ることになるのだろう。

考えてみれば、毎月、寮費、水道光熱費、スマホ代は親が払っていて、仕送りで食費も送っているのだ。

コメくらい自分で買えばいいのに〜と思うのだが、ダメだねぇ〜

「家から荷物が届くといろいろなものが入っているから楽しみだ」

なんておだてられてそうかそうかと送ってしまう。

まんまと息子の作戦に引っかかっているのだ。

 

さて、昨日と今日はパートの日。

昨日は勤務先でちょっとイロイロあったようで・・・

私が出勤した時はお客さんはもう帰り始めていたのだが、それまで勤務していた人たちが憔悴しきっていた。

詳しいことはまた後日書こうと思う。

 

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村


Linus SchützによるPixabayからの画像

 

香港の大学で学生たちが抗議活動のため立てこもり

警察と武力衝突をしているというニュースを見た。

香港理工科大学と香港中文大学という大学名がテレビから聞こえる。

 

大学が夏休みに入った頃

息子と留学はしたほうがいいのかどうなのかなんて話をしたことがある。

息子が通う大学でも留学には積極的で様々な国への留学を斡旋している。

まあ、本人が優秀ならば大学の単位をもらいながら留学ができたりする制度もある。

それ以外にも、休みの期間を利用した短期留学などやそのための積立制度もある。

息子は第二外国語に中国語をとっていて、一応〜ほかの教科よりは成績が良かったので、中国の大学なら推薦がもらえるんじゃない〜?などと言っていた。

その大学が確か香港中文大学だった。

 

ニュースでは、香港で暴動に巻き込まれてしまった日本人大学生のこともやっていた。

その学生はまさに香港中文大学に留学していた大学生だった。

その後は無事帰国したらしいのだが、親御さんはどんな思いだっただろう。

最近は、どこの国に行ってもテロなどに巻き込まれる危険はある。

そんなことを気にしていたらどこにも行けなくなるのだがやはり親は帰ってくるまで気が気ではないだろう。

息子はといえば・・・留学したほうがいいのかな〜どうなのかな〜などとグズグズ言っているくらいですぐにどうこうと言うわけではなさそうで、まずお金の算段をしなくてはならない私は少しホッとしていた。

単位や就職のこともあるので長期の留学までは考えていなさそうだが、長期休みに海外に行きたいと言い出すかも知れない。

そのときはいくらか援助してあげられるようにはしておかないといけないだろう。

またがんばってお金を貯めないと・・・なんてそのニュースを見ながら漠然と考えていた。

 

さて

昨日の大雨から今日はいいお天気〜なんて朝思っていたがそれほどでもなかったようだ。

洗濯物が今ひとつ乾いていない。

明日からまた雨だよなぁ〜と欝になる。

そう言えば、昨日、熱がある〜と大学生が慌てて家に帰っていた。

インフルエンザが流行り始めているとのこと。

インフルエンザでなければいいが・・・

 

 

よろしければ応援お願いします。

 

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

 

 



Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

スポンサーリンク

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM